AKB48握手会で凶行

AKB48握手会で、入山杏奈と川栄李奈とスタッフ一名が、
男にのこぎりで切りつけられる事件が発生した。

入山・川栄らの、骨折した指の手術は成功したようで、
ひとまず安堵した。

握手会や写メ会は、一部の非常識で悪質なファンからの
言葉の暴力が以前からあって、
メンバーが傷つけられているのを、ずっと心配していた。

『AKB48論』でも、握手会のマナーに対しては
警告して描いた。

悪質ファンに対して、少女たちは何も言えないのだから、
誰かが常に守ってやらなければならないはずだ。

とうとう身体への直接的暴力まで発生したかと
暗い気持ちになったが、「会いに行けるアイドル」だから、
握手会なしではAKBは成立しない。

今回の凶行は、AKBの根幹にして、
最大の弱点を突かれた事件である。

この事件に関して、日頃からAKBに悪意しか持ってない
連中が、早速バッシングを始めたようだが、
犯人の動機もわからぬ現時点で無責任なことを言ってると、
墓穴を掘るだろう。

犯人の動機がいくつか考えられるので、
判明してからしか具体的なコメントは出来ない。


渡辺美優紀がぐぐたすでおはよーぐると?

渡辺美優紀がぐぐたすで「おはよーぐると」と書いてた。

そういえばみるきーは『おぼっちゃまくん』を
読んでくれていたな。

わかった。一票入れる。

こうしてCD買う枚数が増えていく。

あこぎな商売だよなぁ。

「殺人未遂事件が起こってるのに軽薄なーー!」
「小林よしのりはやっぱりメンバーにかまわれたらすぐ釣られる。
モテない男だからだーー!」
「恋愛禁止条例は必要と言ってるくせに、指原にも、
峯岸にも票を入れた。みるきーにも入れるのかーー!」
「運営のイヌ!AKBに寄生して商売するなーー!」
「変態ジジイ!老害だ。出て行けーー!」

わしは総選挙当日も行かないし、
宣伝番組にも絶対出ないよ。

あくまでも自分の仕事が優先だ。

でもAKBは応援するからな!


AKB48握手会での凶行から学ぶこと

AKB48の握手会での凶行は、
特定のメンバーを狙った犯行ではなく、
そもそもAKBファンによるものではなかった。

AKB外からの侵入者であり、破壊者だった。

犯人の動機は
人が多く集まる所で人を殺そうと思った。
誰でもよかった」というものだから、
過去にもあった劇場型の無差別殺傷事件と
同質の犯罪である。

「AKB商法」を敵視したアンチ・AKBの者たちの
バッシングは的外れだった。

AKBに原因があるのではなく、
若者を孤立させる現在の社会そのものに
原因がある事件なのだ。

孤立感から「承認欲求」を充たす無差別殺傷事件は
過去に何度も起きているが、現在の格差社会、
雇用が不安定な社会では、将来も必ず起こる事件だ。

誰のコンサートでも、何の集会でも、
人が集まる場所なら、どこでも起こり得る事件だ。

犯人がAKBのCDを買ったのは、
自分の凶行の舞台としてAKBの握手会を選んだからであり、
そこが人の注目を集める場だと思ったからだ。

だが、そのような時代に、
「会いに行けるアイドル」を続けるためには、
やはり厳重なセキュリティーが必要になる。

性善説に立てないイベントになるのは残念だが、
警視庁の要請は正しい。

そして、これまで少女たちを心理的に傷つけていた
一部の非常識で悪質なファンがいたことも確かなのだ。

これを放置していたら、今度はAKB内からの犯行も
起こるかもしれない。

運営だけでなく、心あるファン同士で、
監視する体制が必要だろう。

心ある男性ファンは、自分も警備員という構えで
握手会に行ってほしい。

少女たちは激しい競争の中で、本心は言えない。

少女たちの不安を取り除いてやるのは、
大人の勤めだ。

性悪説に立たざるを得ないが、
ファンの善意でAKBを守るしかない!


AKBは負け犬に負けるな!

川栄、キターーーー!
りぽぽ、キターーーー!
咲良たん、キターーーー!
あんにん、キターーーー!
らぶたん、キターーーー!

さっそく保存!

AKBはあんなイカレたクソ馬鹿野郎のテロに
負けちゃダメなんだ。

アンチはAKBへのテロを喜んでる。

アンチは良識派を装って、この際AKBを潰そうと
バッシングしている。

東浩紀もテロリストに与する仲間なんだよ。

AKBはそういう卑怯者に屈してはならない。

事件がトラウマになった子もいるだろう。
そういう子はじっくり待てばいい。

だが、「会いに行けるアイドル」と分かっていて
AKBに入ったのなら、握手会にもどうせ出るのだ。

少女だからとナメてはいけない。

あの激烈な競争社会を生き抜く彼女たちの闘志は、
普通の社会人より強いはずだ。

負け犬に負けるような少女たちではない!

闘え!少女たち!!


まゆゆとみおりんの使い方

「AKB48 SHOW!」『ラブラドールレトリバー』
久しぶりに萌えた。

胸をときめかせ、青春を甦らせるアイドルの理想形が、
まゆゆ(渡辺麻友)センターのこの曲にはある。

楽曲そのものがわしの好みで、聴けば聴くほど良くなる。

最も麗しいまゆゆがセンターで、
はるっぴ(兒玉遥)宮脇咲良岡田奈々
西野未姫もいる。

らぶたん(多田愛佳)古畑奈和もいる。

なんとみおりん(市川美織)もいる。

理想的なメンバーだ。

総選挙の結果ではこういう理想的な選抜メンバーは
揃わない。

番組の最後の『天使のしっぽ』らぶたん
強烈に可愛かったなあ。

めちゃイケの女子プロレスを見たが、
島田晴香はまさに出番だ。

なぜこの企画にみおりんを出さなかったのか?

みおりんには殴っても蹴っても投げてもダメという
ルールを設けて、出せば面白かったのに。

みおりんの攻撃は絶対受けねばならない、ただし、
みおりんを攻撃してはダメというルールにしてほしい。

乱闘になったら、ちょろちょろ逃げ回るだけという
みおりんは相当可愛くて、笑えると思うが。


アンチでもマンセーでもない評論はできるか?

「AERA」のアイドル特集がさっぱりわからない。

アイドル業界もコミケとそっくりになってきた。

漫画業界にいてもコミケに関心がなく、
コミケがわからなくても漫画家をやってこれたので、
アイドルも末広がりの底辺を知る必要もないと思う。

歌がヘタでも、ブスでも、誰でもアイドルと言えば
アイドルになれる時代になったようだ。

そういう価値相対化、価値紊乱化が嫌いだが、
資本主義は細分化した価値観をあらかじめ狙って
商品を続々と繰り出して来るので、
味噌もクソも一緒になってしまうのはしょうがない。

だがこの「AERA」の特集、殺人未遂事件のあとにしては
呑気すぎる。

禍々しいものが襲来して、ファンとの距離が近いが故のリスクに
常にさらされなければならないアイドルブームは、
果たしてコミケブームほど安泰なのか?

連帯を失ってアノミー化した者たちを接近させるリスクは
計り知れない。

濱野もアイドルをプロデュースしたがるまでに
客観性を失っているが、
少女を預かる大人の社会的責任は大きいぞ。

指原莉乃の特集記事も載ってるが、
マンセーする大人たちの態度が気色悪い。

福田監督の映画は史上最大の大コケらしいが、
主役のせいなのか、監督のせいなのか、
頭を冷やして分析した方がいいぞ。

わしはAKBを応援したいが、運から見放された現在を直視して、
その原因を考えるのが評論家の役目だ。

そういう評論を許してきたジャンルは栄えるが、
評論が許されないジャンルは文化として定着しない。

アンチでもマンセーでもなく、文化として評論できるかが
問われている。


山本彩センターの朝ドラ主題歌に期待する

わしはNHKの朝ドラは必ず見ている。

次回の『あさが来た』は幕末期から始まる物語らしくて、
主演の波瑠もファンだから特に楽しみだ。 

その主題歌を歌うのがAKB48だそうで、
なんとセンターが山本彩
ついにこの日が来たかという朗報だ。 

今年のAKBの「じゃんけん大会」には、りぽぽ(小谷里歩)
出てないと聞いて、関心をなくしてたが、朝ドラ主題歌の
「365日の紙飛行機」を披露してくれるのなら、
久しぶりに見に行こうかと思っている。


NMB48澁谷凪咲ちゃんの笑顔が最高!

FNS歌謡祭をなんとなくつけたまま仕事をしていたら、
NMB48が歌い始めた。

おおっ!なんとセンターに渋谷凪咲ちゃんがいて、
あのたまらない可愛い笑顔をかなり何度も
見せてくれたので、ひさしぶりに興奮してしまった。

凪咲ちゃん、なんという可愛さじゃろか――――っ。

凪咲ちゃんは乙女座、わしも乙女座、
やっぱり乙女座はカワイイね。

みおりんりぽぽ上西も出てたし、やっぱりNMB48は
アイドル熱が冷めた今もあの胸のときめきが再燃するな。

でもそのあと手越が出てきたのでスイッチを切った。


渡辺麻友のレズはくやしいがインパクトあった

沢尻エリカ主演の「大奥」はなんといっても渡辺麻友との
レズな関係が衝撃的で面白かった。

しかもそれが内通した密偵で、最後に刺されちゃうんだから、
よくできた脚本だ。

なにしろオットセイの性器をすりつぶして飲みながら、
とっかえひっかえ女を抱きつつ、何十人も子供を
産ませた家斉将軍が羨ましくてたまらない。

まゆゆが将軍に抱かれなくてよかったあああと安心してたら、
エリカと何度もチュウするわ、風呂で絡み合うわ、まったく
油断がならないドラマだった。

「大奥」刺激的だ。次回も見よう。


AKBのことを少々

NMB48のみるきー(渡辺美優紀)が公式に卒業発表した。
潔いのかもしれないが、なんとも寂しい限りだ。
わしが特別贔屓で推したメンバーだから、今後も明るく
前向きに次の目標を見つけてほしい。 

AKB48総選挙ガイドブックの予測でインタビューを受けた。
AKBグループ全体の衰退は峯岸みなみが正直に認めている
ように衆知のことだろう。
卒業するメンバーも多いし、総選挙を辞退したメンバーが
やけに多い。
いよいよ画期的な生まれ変わりを促進しなければならない
ときだと思うのだが、運営は呑気すぎる。
わしの提案を運営が飲めば再生は可能だと思うのだが。 

月刊エンタメで『おぼっちゃまくん』復活のインタビューを
受けた。
NMB48のみおりん(市川美織)が単行本を読んで、
茶魔語を考えてくれるかもしれない。
面白かったら、作品の中で出そうかなと思う。 

今わしが一番関心を持っているのはNGT48だが、
みおりんは別格でずっと推すから卒業しなくていい。