AKB48握手会で凶行

AKB48握手会で、入山杏奈と川栄李奈とスタッフ一名が、
男にのこぎりで切りつけられる事件が発生した。

入山・川栄らの、骨折した指の手術は成功したようで、
ひとまず安堵した。

握手会や写メ会は、一部の非常識で悪質なファンからの
言葉の暴力が以前からあって、
メンバーが傷つけられているのを、ずっと心配していた。

『AKB48論』でも、握手会のマナーに対しては
警告して描いた。

悪質ファンに対して、少女たちは何も言えないのだから、
誰かが常に守ってやらなければならないはずだ。

とうとう身体への直接的暴力まで発生したかと
暗い気持ちになったが、「会いに行けるアイドル」だから、
握手会なしではAKBは成立しない。

今回の凶行は、AKBの根幹にして、
最大の弱点を突かれた事件である。

この事件に関して、日頃からAKBに悪意しか持ってない
連中が、早速バッシングを始めたようだが、
犯人の動機もわからぬ現時点で無責任なことを言ってると、
墓穴を掘るだろう。

犯人の動機がいくつか考えられるので、
判明してからしか具体的なコメントは出来ない。

Leave a Reply

  • (will not be published)